メール講座、STEP3は、

生きづらさの真の原因

を解説します。

前回、生きづらさには、大きく分けて次の4タイプがあるとご紹介しましたね。

  1. 人とうまく交流できないタイプ
  2. 自分に自信がなくて、不安でいっぱいタイプ
  3. 人を優先して、自分を抑えるタイプ
  4. 自分や人を追い詰めるタイプ

 

実は、4タイプとも、生きづらさの真の原因は同じです。

それは、

自己肯定感の低さ

です。

 

前回は、タイプごとに、それぞれ考え方のクセがあることも、ご紹介しましたよね?

 

でも、そういった、様々な考え方のクセに共通した信念が、心の奥底にあります。

それは、次の3つです。

 

  1. 今の自分はダメ

  2. 今の自分のままでは、幸せになれない

  3. 自分は変わらなければならない

 

どのタイプも、心の奥底に、この3つの信念あり今の自分を否定しています。

つまり、自己肯定感を低くしているのです。

 

  • 自分を「丸ごと」受けとめていない
  • 「あるがまま」の自分を受けとめていない

状態になっているのです。

 

ですから、自分を無理に変えようとするのではなく、

今のままの自分でOK!

 

こう思えるようになると、自己肯定感が高まり生きづらさは改善します。

 

 

 

なぜ自己肯定感が低くなったのか

ところで、なぜ、あなたの自己肯定感は低くなったのでしょうか?

自己肯定感は、子供の頃に養われます。

基本的には、両親の言動が、子供の自己肯定感に大きく影響します。

 

いつも褒め、認めてくれる親の元で育てば、
子供は根拠なく、自分に自信が持てるようになります。

 

一方で、すぐに怒られたり、言い分を否定されたり、親の干渉が強かったり、子供に無関心だったりすると、

子供は自信を失い、自己肯定感が下がってしまうのです。

 

あなたの生まれ育った環境はいかがでしたか?

あるがままのあなたを、親は愛してくれましたか?
認めてくれましたか?

 

それとも、よく怒られたり、ダメ出しされたり、話をあまり聞いてくれなかったり、否定されたり、しませんでしたか?

 

恐らく、あなたは、あまり親に認められず、丸ごと愛されず育ったと思われます。

だから、自己肯定感が低くなり、生きづらさを感じてしまうのです。

 

 

自己肯定感は高めることができる!

今、自己肯定感が低い方。

自己肯定感が下がるように育てられたから、
生きづらさは改善しないんだ!

と諦める必要はありません。

 

自己肯定感は、何歳になっても高めることができます。

 

今この瞬間だって、

「自分を丸ごと愛する!」

と決意して実行すれば、自己肯定感は高まるのです。

 

次回は、

自己肯定感を高めて、生きづらさを改善する方法

をお伝えします。

お楽しみに☆