MENU

生きづらさ改善カウンセリングのオープンハートです。

アダルトチルドレン、対人緊張・対人恐怖・コミュ障、人間関係の悩み、不登校など子育てのいきづまり、仕事上での問題など、
生きづらさを感じている30代・40代の方向けのカウンセリングです。

西武池袋線 石神井公園駅、ひばりヶ丘駅、東久留米駅 から徒歩数分の会議室で行なっています。

遠方の方は、電話カウンセリングでご対応しますので、
全国どこにお住まいでも、ご利用頂けます。

 

こんなお悩みを抱えている方に

✅ アダルトチルドレンの方

✅ 人と接する時に緊張する、人が怖い

✅ 人間関係に疲れる

✅ 人間関係が上手くいかない

✅ 子育てが辛い

✅ 子供が不登校になった

✅ 夫婦仲が悪い

孤独感がある

いつも何となく不安だ

生きているのが空しい

✅ ハッキリとした原因がないのに、慢性的に体の調子が悪い 

オープンハートでは、このようなお悩みを抱いている方をラクにします。

 

ラクになる・幸せになる方法を知っていますか?

生きづらさで苦しんでいる方。
あなたが悪いわけではありません。

あなたは、ただ
ラクになる方法・幸せになる方法
を知らないだけなのです。

生きづらさを改善するには、適切な方法があります。

1人でどんなに考えても、適切な対処法を知らなければ、楽になることはできません。

オープンハートのカウンセリングでは、
ラクになる・幸せになる適切な方法をお伝えします。

一緒に、心と身体をスッキリさせましょう!

 

自分の力で解決できるカウンセリング

オープンハートのカウンセリングでは、

今ある悩みの解決だけでなく、
今後、悩みの少ない人生を送れる方法

を身につけて頂きます。

一度、適切な対処法を習得すれば、明るい人生を送れるようになりますし、もしトラブルや悩みが生じても、自分の力で解決でき心を健康に保つことができます。

心の苦しみを作っているのは 考え方のクセ です。

悩みの根本的な原因となっている、「考え方のクセ・思い込み・価値観」を和らげ、バランスの良い考え方を身につけると、心が健康になります。

 

あなたを苦しめる「思考」

人は「考え方」次第で、幸せにも不幸にもなります。
苦しみを生み出しているのは、周りの環境ではなく、自分自身の思考なのです。

同じ出来事が起きても、悩む人、悩まない人がいますよね.

例えば、試験に落ちた時。

  •  Aさんは、「試験には落ちたけれど、学んだことは自分の財産になった。良い経験になった。」と前向きに解釈し
  • Bさんは、「落ちたことは悔しい。でも次回また頑張ろう」と奮起し
  •  Cさんは、「自分はしっかり勉強できなかったダメ人間なのだ」と自分を責め後悔し
  •  Dさんは、「自分の実力が低いのではない、こんなひねくれた問題を作ったヤツが悪いのだ」と他者のせいにする

同じ出来事を経験しても、考え方や感じ方は人それぞれです。

4人は、別の出来事が起こっても、同じような考え方をする傾向があるでしょう。

なぜなら、その人特有の「考え方のクセ(思考パターン)・価値観」があり、思考はそれに縛られてしまうからです。

それなら、思考を変えてしまえば良いのですが、変えようとしても、なかなか上手くいかなかった経験は、誰しもあると思います。

自分では変えたいと思っても、心の奥底(潜在意識や無意識と言います)では変わりたくないと邪魔をしているからです。

そして、慣れ親しんだ考え方のクセ・価値観で思考してしまって、苦しみ続けるのです。

 

「考え方のクセ」を変えるとラクになる!

考え方のクセ・価値観は、基本的には子供時代に作られます。

家族、学校など周囲の環境に影響を受けながら自分で作り上げるのですが、
一番大きな影響を受けるのが、両親の言動や考え方のクセ・価値観です。

断りたいのに人からのお誘いやお願いを断れない人、身近にいませんか?

その人は子供時代、親からあまり気持ちを尊重されず、
親の言うことをきかないと、怒られたり否定される、という経験が多かったのかもしれません。

このようなことが積み重なると、人は、
「人の要求に従わないと愛されない、生きていけない」
といった、考え方のクセ・価値観を作り上げてしまうのです。

人は、子供の頃にその人特有の価値観を作ることで、無事に生きのびようとします。

この人の場合は、自分の欲求を押し殺して親の欲求に従うことで、
「怒られる回数が減り、親に受け入れてもらえやすくなる」
というメリットがあったはずです。

大人になっても、心の奥底では、そのメリットをしっかり記憶しています。

その為、子供の頃に作った「考え方のクセ・価値観」を手ばなすことができず、しがみついてしまうのです。

まさに「三つ子の魂百まで」です。

オープンハートでは、考え方のクセ・価値観が作られた原因を紐解き、バランスの良い考え方に修正するカウンセリングを行うことで、楽に生きる人生をサポートします。

ぜひ、ご自分の「考え方のクセ」を手ばなして、明るい人生を送ってくださいね。

 

カウンセラーも苦しみを乗り越えました

は、いわゆるアダルトチルドレンです。

両親は、発達障害やパーソナリティ障害を抱えていたために、
子供に適切な対応を取れず、私は心を傷つけられて育ちました。

更に、親だけでなく、兄から暴力を振るわれるなど、
子供時代はそれなりに過酷な状況でした。

そんな家庭環境で育ったことで、心に傷を負い、様々な生きづらさを抱えて育つようになります。

10歳で対人緊張・対人恐怖が始まり、人とまともにコミュニケーションが取れなくなりました。

20歳の時には、医療ミスにより重度の自律神経失調症になり、20年以上経った現在も、体調不良に苦しんでいます。

25歳の時、失恋が原因でウツになり、それ以降、何年も自殺願望に苦しめられるようになりました。

様々な苦しみが私を襲い、心身共に疲れ果てて、生きる気力を失っていました。

そんな時、カウンセリングに出会ったことで、人生が一変します。

カウンセリングを受けるたびにドンドン自分が変わり、人生が明るくなったのです。

自分と同じように苦しんでいる人を支えたい、そんな想いで10年間、様々な心理療法を学び、カウンセラーになりました。

長年、苦しみを味わい、それを乗り越えた経験があるからこそ、
あなたを助けることができます。

苦しみを共にする仲間として、あなたを支えます。

一緒に、ラクになりましょう!

 

お客様の声「離婚の危機を乗り越えることができました」30代女性

夫婦関係が冷え込み、最近では口を開けばケンカばかり。

夫は外泊が多くなり、このままでは離婚になりそうな状態だったことから、カウンセリングを受けました。

カウンセリングを受けたことで、
客観的に自分や状況を見れるようになり、
大きく見方が変わることができたと思います。

そして、これまで気づいていなかったことに、気づかせてもらいました。

私は、自分の気持ちや状況を相手に分かってもらいたいと、
いつも正面からぶつかっていました。

でも、自分のことを分かって欲しいという気持ちが大きくなりすぎて、
相手のことを理解しようとする余裕がなくなり、
自分の価値観ばかりを相手に押し付けていたことに気がつくようになったのです。

また、自分の中にあった「寂しさ」や、「わかって欲しい」という気持ちも受けとめることができました。

その気持ちは、夫への気持ちというより、子供の頃、親に対して抱いていた気持ちだったことを知ります。

その気持ちを、夫にぶつけていたのです。

ワークを通して、親に対する満たされない想いを昇華できると、
夫に対してストレスを感じることが、少なくなっていきました。

心に余裕ができ、「やっぱり夫のことが大切なんだな」と忘れかけていた気持ちを、
改めて思い出すことができました。

また、カウンセリングでは、
「自分の想いを効果的に相手に伝える方法」など、
具体的なコミュニケーションのワークを行って頂き、
とても役に立ちました!

カウンセリングを受けたことで、夫との仲が改善しましたが、
何よりも、
気持ちがとても前向きになり、楽に生きることができるようになったことが収穫でした。

カウンセラーさんが優しくて安心して相談することができ、
本当に感謝しています。

自分に自信がつき、これからは、自分の問題にしっかり向き合っていくことができそうです。

ありがとうございました!

 

30代40代の悩みを放置すると危険!

30代40代は身体的に衰えを感じ始める時期であるとともに、

結婚や子育てなどで生活が大きく変化し、
人間関係も広がることで、大きなストレスを受けやすい年代です。

また、仕事面では課される責任が重くなったり、
自分の限界がわかって停滞感を感じるなど、
自信を失ったり、自分を見失いがちになります。

若い頃は生きづらさを感じても、勢いで何とか切り抜けられますが、
30代40代になるとゴマカシがきかなくなり、問題が表面化してきます。

この時期の悩み・問題を放置していると、
問題は更に悪化し、深刻な状況になりかねません。

例えば熟年離婚などは、まさに、30歳40歳の時、悩みに向き合わなかった結果と言えるでしょう。

これからの長い人生を輝かせる為にも、後で悔やまないためにも、今、自分を変えましょう!

ご予約は、下記からどうぞ。


LINE@、メルマガご登録でプレゼント

LINE@メルマガでは、交流会のご案内やお役立ち情報を配信中です。

ご登録頂くと、お礼の気持ちとして、プレゼントを差し上げています。

詳しくは、コチラをご覧ください。