マインドフルネス(瞑想)のご紹介①

今回は、心を軽くし、悩みを解消する方法として、「マインドフルネス」をご紹介します。
今やすっかりブームになっていますので、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

マインドフルネスとは?

マインドフルネスは、仏教用語であるパーリ語の「サティ」の英訳で、日本語では、気づきなどと訳されています。
元々、仏教における瞑想の技法のようなものですが、現在では、健康管理や医療・心理療法の技法としても活用されています。

マインドフルネスの定義を私流に書くと、こんな感じです。

今、この瞬間に、思考していることや五感で感じていることを観察して気づき、解釈もコントロールもせずにそのまま受け止め、手放すこと

マインドフルネスの例

簡単なマインドフルネスの例をご紹介します。

  • 聞こえてくる音に気づく。
  • 体に触れている洋服の感触に気づく。
  • 香りに気づく。
  • 呼吸を感じる。
  • 「明日、仕事に行くの嫌だなあ」という思いが生じても、それ以上思考を発展させないで、そのように考えていることに気づく。
    思考していることに気づくと、思考は消えます(手放せます)。 etc

このように、思考に巻き込まれず、五感を通して自分や周囲の環境を観察するのです。

マインドフルネスで悩みが解消する

マインドフルネスな状態になるには、客観的に自分を観察する必要があります。
思考に巻き込まれていると、客観的にはなれません。
ですので、客観的になって自分を観察している時点で、思考から一歩置いた状態になり、悩みから解放されるのです。

マインドフルネスは、いつでもどこでも実践できます。

  • ご飯を食べる時に、箸を持つ手の感覚や、咀嚼している時の口の中の感覚、味の変化を観察する
  • 歩いている時に、上げ下ろしする足の感覚、聞こえてくる音、身体に当たる風の感触、草木の香りを感じる。
  • 電車で座れたら、お腹や胸の膨らみなど、呼吸を感じる。

ぜひ、日常の中に取り入れてみて下さい。
継続すればするほど、思考に惑わされなくなり、悩みがちな性格が変わっていきますよ。

 

よろしければ、カウンセラーのプロフィールもお読みください。
長年苦しんできた私が、どのように生きづらさを改善してきたか、

また、カウンセリングにかける想いなどもご紹介しています。


 

 

無料メール講座のご案内

生きづらさを改善するための、メール講座を行っています。
詳しくは、下記よりお読みください。


 

最短・最速の生きづらさ改善プログラム

アダルトチルドレン・対人緊張・うつなど 生きづらさを感じている方向けに、カウンセリングをご提供しています。

たった5~10回の心理カウンセリングで、 ほとんどの方が大きく改善し、 カウンセリングを終了します。

西武池袋線沿線で活動中。

オンラインカウンセリングにも対応していますので、 全国どこにお住まいでも、ご利用頂けます

詳しくは、下記よりご覧ください。