羽生選手も実践!感情コントロール法

今回は、羽生選手も実践する、感情コントロール方法をご紹介します。

アダルトチルドレン(ac)は、ネガテイプな感情をコントロールできなくて、巻き込まれてしまうことが多いですよね。

  • 自分はダメだ、と落ち込んだり
  • 人に嫌われている、と怖くなったり 
  • 将来どうなるのだろう、と漠然とした不安にさいなまれたり
  • 怒りが抑えきれずに爆発したり

 

上手く感情をコントロールできないのは、アダルトチルドレン(ac)の特徴の1つでもあります。

 

頭で理解しても感情がコントロールできない

Aさんは、職場でちょっとしたミスをしました。

周囲の人は、「全然気にしなくて大丈夫だよ。」と優しく接し、上手くフォローしてくれたそうです。

でもAさんは、

「自分はミスをして、周りの人に迷惑をかけてしまった。
自分はダメな人間だ」

と自分を責めに責めました。

頭では、

「大したミスではないから、気にする必要はないはずだ。
誰だってこれくらいのミスはするよ」

と理解しているのに、

「自分はダメ人間だ」という落ち込んだ気持ちは、どんどん強まるばかりです。

それからも、ちょっとしたミスをするたびに、「自分はダメな人間なんだ」という想いが出てきて、だんだんとウッつぼくなってきました。

「これ以上、ダメな自分がいることで会社に迷惑をかけたくない!」

と、Aさんは、数か月後に会社を辞めてしまいました。

頭では「大したことはない」と分かっていても、感情をコントロールすることができなかったのですね。

 

 

感情をコントロールするたった1つの方法

では、どうすれば感情をコントロールすることができるのでしようか。

それは。。。

 

感情をそのまま受けとめる

 

これだけです。
とっても簡単ですよね。

でも、意外と皆さん、この簡単なことができていなくて、感情に巻き込まれているのですよ。

Aさんは、「自分はダメな人間だ」と思って落ち込んだ時、

「ダメと思う自分を何とかしたい」
「落ち込むのはイヤだ」

と、もがいていました。

これは、感情を否定したり、逃げていることになるのです。

ネガテイプな感情が出てきたら、

「ああ、自分のことをダメ人間と思っているんだなあ。
落ち込んでいるなあ。
辛いなあ。」

とそのまま感情を受けとめるだけで良いんです。

しばらく感情を味わっていると、感情は収まっていきます。

 

感情を受けとめてメンタルを強めた羽生結弦選手

先日、ネットニュースに、羽生選手の「感情コントロール方法」が紹介されていました。

羽生選手は、本番前に緊張している時など、

 

「ああ、緊張しているな」

 

と、感情に気づき、受けとめることで、メンタルが強くなったそうです。

たしかに、平昌オリンピック後のインタビューで、「怪我で練習できない不安をどう乗り越えたのか」と聞かれた時も、

 

「乗り越えようと思わなかった。
辛いなら辛い、不安なら不安と、そのまま認めただけ。」

 

といった内容のことをおっしゃっていました。

羽生選手は子供の頃から心理学を学んで自己コントロールに活かしていたそうなので、 心の仕組みをよくわかっているのですね。

 

感情を受けとめないと。。。

感情は受けとめないと、逆にどんどん大きくなります。

感情が生じるのには、必ず理由があり、メリットがあります。

Aさんが「自分はダメな人間だ」と落ち込んだのは、

「失敗を繰り返さないように、自分の行動を反省したり、今後の行動についてもっと慎重に考えるため」

でしよう。

「落ち込み」という感情は、「これからは、失敗をしないように起動修正してね」とメッセージを送っていたのです。

ミスをしても何にも感じなかったら、Aさんは今後もミスをし続けてしまいます。

「落ち込み」によって、次のミスを未然に防ぐことができる、というメリットがあったのです。

でも、その「落ち込み」を受けとめずに逃げたり無視すると、ますますメッセージを強めます。

「今後、失敗しないように、早く気づいて」と、どんどん落ち込みは強くなっていくのです。

だから、

「教えてくれてありがとう。これから気をつけるよ」

と落ち込みを受けとめてあげれば、目的が達成されたから、落ち込みは収まるのです。

ぜひ、ネガテイプ感情が出てきたら、「あ~出てきたな」と丸ごと受けとめて下さいね。

 

よろしければ、カウンセラーのプロフィールもお読みください。
長年苦しんできた私が、どのように生きづらさを改善してきたか、

また、カウンセリングにかける想いなどもご紹介しています。


 

 

無料メール講座のご案内

生きづらさを改善するための、メール講座を行っています。
詳しくは、下記よりお読みください。


 

最短・最速の生きづらさ改善プログラム

アダルトチルドレン・対人緊張・うつなど 生きづらさを感じている方向けに、カウンセリングをご提供しています。

たった5~10回の心理カウンセリングで、 ほとんどの方が大きく改善し、 カウンセリングを終了します。

西武池袋線沿線で活動中。

オンラインカウンセリングにも対応していますので、 全国どこにお住まいでも、ご利用頂けます

詳しくは、下記よりご覧ください。