宇野昌磨選手に学ぶ「本当」の自己肯定感

あなたは、

自己肯定感

が、どんなものか、わかりますか?

 

私は、カウンセリングでよく

「自己肯定感」ってどんなものだと思いますか?

と質問します。

 

たまに、正解を言って下さる方がいますが、

ほとんどの方は、答えに困ってしまいます。

 

  • 自己肯定感を高めよう
  • 自己肯定感って大切

なんて、よく耳にしますよね?

 

でも、自己肯定感がどんなものか、
そもそも、
ほとんどの人はよく分かっていないんです。

 

自己肯定感がどんなものか、わからなければ、

高めようも、大切にしようもありませんよね?

 

「自己肯定感」を勘違いすると苦しみます

  • なんだか、とっても「良い人・善い人」にならなきゃ
  • いつも自信満々でいられる
  • 色んなことを、ミスなくパーフェクトでこなせる
  • たくさんの人に好かれる
  • とにかく、毎日を楽しんで幸せでいないと!

 

こんな風に、勘違いしてるクライアントさんは、とても多いです。

でも、こんな考えをして、こんな自分を目指してしまったら、

かえって自己肯定感は低くなり、苦しむことになります。

 

 

宇野昌磨選手の自己肯定感

先日、 ISU(国際スケート連盟) のホームページに、
宇野昌磨選手のインタビューが掲載されていました。

英語で記載されていたので意訳になりますが、
大まかには、次のようなことを、おっしゃっています。

 

昨シーズン、自分は、弱い面も強い面も、両方持っていることに気がつきました。

これまでは、自分の弱い側面を認めたくなくて、
常に強い自分でいようと努めていました。

でも、シーズンが進むにつれて、強い自分ばかりでないことに気がつきました。

強い面・弱い面の両方を持ち合わせていたんです。

重要なことは、

「自分には、強い面も弱い面も両方ある」

ということを、受け入れることです。

 

一流のアスリートは、大抵、同じようなコメントをしています。

 

羽生選手も、平昌オリンピック後のインタビューで、

怪我で練習できない不安を、どう乗り越えたのか

と聞かれた時も、

乗り越えようと思わなかった。
辛いなら辛い、不安なら不安と、そのまま認めただけ。

とおっしゃっていました。

 

共通しているのは、

  • 弱い自分を強くしなければ
  • 強くあらねば

と無理するのではなく、

あるがままの自分

を、正直に認め、受け入れていることです。

 

 

本当の自己肯定感とは

本当の、本物の自己肯定感とは

  • 長所も短所も全て受け入れ、
    「自分はこれでOKだ」
    「今のままで十分だ」
    と思うこと
  • 自分の好きな部分も、嫌いな部分も、
    都合の良い点も、都合の悪い点も、
    そのまま認めること
  • 自分のあらゆる面、
    自分に起こるあらゆる出来事を、
    否定せず、肯定(調和)すること

 

一言でまとめると、

「あるがままの自分」をそのまま受け入れること

ですね。

 

  • 人とあまり仲良くできない自分
  • いつも不安で不安でイッパイの自分
  • すぐにイライラしたり、怒ってしまう自分
  • パートナーに優しくできない自分
  • 理想的な親ではない自分
  • ワガママだったり自分勝手な自分
  • 人に迷惑をかけてしまう自分

 

こういった、見たくない自分も、

ぜ~んぶOK!
だって、これが自分なんだもん。
こんな自分で十分!

と思えること
これが自己肯定感です。

 

 

自分の身に起こる「出来事」や「過去」も肯定する

自己肯定感を高めるには、自分自身のことだけでなく、

  • 自分の身に起こる出来事
  • 自分の過去

も、全て受け入れる必要があるのです。

 

たとえば、人間関係のゴタゴタに巻き込まれることってありますよね?

 

そういう時に、

「ゴタゴタに巻き込まれたくない、嫌だ!」

と否定すると、
自己肯定感を低くします。

 

生きていれば、そんなこともあるよね~

と、否定せず、そのまま受け入れてしまえば、良いだけなんです。

 

また、今までに生きてきた過去が辛くて、
それを否定したり、認めたがらない人もいます。

 

特に、
アダルトチルドレン(ac)・毒親育ちの人は、

自分の過去や親

に恨みを持っていることも、少なくありません。

 

でも、それでは、いつまでたっても、苦しいままなんです。

 

否定せず、

  • 辛かったけれど、その経験があったから、今の自分があるんだよな~
  • 親はホントに勝手だったけど、その分、人生経験できたな~

 

こんな風に、過去を肯定することができると、自己肯定感が高まって、
幸せに生きることができます。

 

でも、このコラムを読んでも、すぐには、あるがままを受け入れられないですよね?

 

そんな方は、ぜひ、カウンセリングを試して下さい。

具体的に、自己肯定感を高めるコツをお伝えします。

 

自己肯定感を高め、
「本当の幸せ」
を体感して下さいね。

 

 

よろしければ、カウンセラーのプロフィールもお読みください。
長年苦しんできた私が、どのように生きづらさを改善してきたか、

また、カウンセリングにかける想いなどもご紹介しています。


 

 

無料メール講座のご案内

生きづらさを改善するための、メール講座を行っています。
詳しくは、下記よりお読みください。


 

最短・最速の生きづらさ改善プログラム

アダルトチルドレン・対人緊張・うつなど 生きづらさを感じている方向けに、カウンセリングをご提供しています。

たった5~10回の心理カウンセリングで、 ほとんどの方が大きく改善し、 カウンセリングを終了します。

西武池袋線沿線で活動中。

オンラインカウンセリングにも対応していますので、 全国どこにお住まいでも、ご利用頂けます

詳しくは、下記よりご覧ください。