イライラと怒りを感じた時に、最初にすべきこと

先日、ちょっとイライラしてしまいました。

電車で座ろうとホームに並んでいたのですが、
電車に乗る際に後ろから来た人が、
私を押しのけて座ってしまったのです。

押しのけられた私は、身体のバランスを崩して転びかけ、
結局電車に座れなかったのです。

 

前日にあまり眠れず、電車で少し睡眠補給しようと、
わざわざ電車を数本待って並んでいたので、

眠ることも叶わずイライラしてしまった、という訳です。

 

イライラ=怒りですが、
怒りを感じると、嫌な気分になりますよね?

それに、怒りはとってもエネルギーが強い感情なので、身体にも悪影響が出ます。

 

更に、怒りは上手く手ばなさないと、

際限なくドンドン大きくなる

という特徴があるので、注意が必要です。

 

怒りを感じたら、上手く怒りを手ばなして、鎮めて、心身の健康を保って下さいね。

今回は、怒りを感じた時に、最初にすべき3つのことをご紹介します。

 

6秒カウントする!

まずは、イライラしたり、怒りを感じたら、

1.2.3.4.5.6

と、6秒カウントしてください。

余裕をもって、10秒くらいカウントすると、更にgoodです!

 

怒りは、6秒でピークに達するという特徴があります。

この6秒間で怒りを増幅させてしまうと、怒りはどんどん大きくなってしまのです。

逆に6秒間、冷静に怒りを受けとめると、次第に治まっていきます。

 

まずは、6秒カウント!

です。

 

 

怒りを認める

次に、怒っていることを認めます。

  • あ、私、怒っているなあ
  • イライラしているなあ

と自分を見つめて下さい。

 

ただ、これだけす。

怒っていることを認めるということは、
それだけ自分を「客観視」していることにもなりますので、

怒りから一歩引いた精神状態になり、怒りは和らぎます。

 

 

怒りの強さを数値化する

これも「客観的になって、怒りから一歩引く」ことにつながります。

怒りの強さを数値で表して下さい。

 

「怒髪天に衝く」くらいの怒りの強さを100 %として、

  • 今の怒りは、イライラ程度だから、20 %くらいかなあ。
    まあ、大したことないなあ
  • 70 %の怒りだな。結構強めだな

という感じで数値化します。

 

ちなみに、冒頭の私の怒りは60 %くらいで、やや強めでした。

 

数値化するためには、客観的に自分を分析する必要があるので、

単純に「怒りを認める」こと以上に冷静になって、
落ち着きを戻すことができるのです。

 

 

まとめ

今回は、イライラしたり、怒りを感じた時に最初にすべきこととして、
次の3点をご紹介しました。

  • 6秒カウントする!
  • 怒りを受けとめる
  • 怒りの強さを数値化する

 

この3ステップで、大分、怒りはおさまると思いますので、試してみてくださいね。

 


 

よろしければ、カウンセラーのプロフィールもお読みください。

長年苦しんできた私が、どのように生きづらさを改善してきたか、

また、カウンセリングにかける想いなどもご紹介しています。







最短・最速の生きづらさ改善プログラム

アダルトチルドレン・対人緊張・うつなど
生きづらさを感じている方向けに、カウンセリングをご提供しています。

たった3~5回の心理カウンセリングで、 ほとんどの方が大きく改善し、 カウンセリングを終了します。

西武池袋線沿線で活動中。

オンラインカウンセリングにも対応していますので、
全国どこにお住まいでも、ご利用頂けます


毎月5名様まで、

●60分3万5千円、90分4万5千円のところ

⇒ 60分5,000円


でお試しいただけます。