気分が落ちた時の対処方法

 

私はここ数日、過労気味が原因で、気分が低調です。

休みは3ヶ月以上取っていませんし、この先もしばらくは、休める予定がありません。

そんな日が続いていたので、ちょっと息切れしているんですよね💦

やる気があまり出てこないのです。

 

カウンセラーはいつも気分が安定している

と思われる方もいるかもしれませんが、カウンセラーだって人間です。

気分が落ちることもあれば、イライラすることもあるし、不安を感じることもあります。

ただ、そうなった時に、どうすれば良いか、対処方法を知っているので、しばらくすれば、元に戻ることができるのですよね。

 

 

気分が落ちた時、どうしますか?

あなたも、気分が落ちる時、あると思います。

そんな時、どうしていますか?

多くの人は、気分が落ちると、何とかその状態を脱しようと、もがいてしまいます。

気分が落ちた時の状態が嫌で、その状態を拒否しようとするのですね。

 

でも、逃れようとすればするほど、空回りし、さらに気分は落ちてしまいます。

悪循環に、はまってしまうのです。

ぜひ、正しい対処方法を知って、楽に生きて下さいね。

 

 

対処方法1:受けとめる

気分が落ちたら、その状態を、ただただ受けとめてください。

私の場合も、今、

「あー、疲れているから、気分が上がらないんだよね」

という感じで、受け止めています

気分が落ちている状態を、味わうような感じですね。

 

カウンセリングで、このことをご説明すると、

「受けとめる、味わう、という感覚がよくわからない」

とおっしゃる方もいます。

 

楽しい気分の時、嬉しい気分の時、感動した時、人はその状態を味わうことができますよね?

「楽しいな、嬉しいな、感動するな」
と受けとめますよね?

「楽しいなんて嫌だ! 嬉しいなんて嫌だ! 感動なんてしたくない!」
などと、拒否しませんよね?

 

それと同じ要領で、気分が落ちた時も、その状態を、ただ味わい、受けとめるのです。

 

イライラしたりとか、不安でいっぱいの時なども一緒です。

「イライラしているなあ、不安だなあ」

と、ただただ味わうんです。
受けとめるのです。

 

 

対処方法2:無理して今の状態を変えない

無理やり、今の状態を変えようとしないことです。

人は不快な状態を、「変えよう、変えよう」としてしまいます。

ネガティブな状態を、ポジティブな状態に変えようと焦るのです。

 

でも、気持ちや感情は、理屈では動きません

無理やり変えようとしても、ひずみがでます。

気持ちや感情は、放っておけば、自然と変化していきます。

ですので、変化するまで、見守れば良いのです。

 

私の場合も、無理に動かずに、

「気分が乗らないから、今日必ずやること以外は、明日以降にまわそう」

「こんな時は、家事もサボって、好きなテレビをノンビリ見よう」

と、自然に気持ちが戻っていくのに、任せています。

 

 

対処方法3:原因を把握し、対処する

気分が落ちるには、イライラするのには、不安になるのには、必ず原因、理由があります。

それをきちんと把握し、対処する必要があります。

 

例えば私の場合は、過労気味な生活スタイルと疲れが、やる気が落ちた原因ですから、

  • まず休む
  • 1日の中で、必ずやるべき仕事と、後日にまわせる仕事に分ける
  • カウンセリングのご予約を調整して、そのうち休みを取る

といった対処を実践している最中です。

原因を把握し、対処しなければ、気分が戻っても、また落ちてしまいます。

 

ただ、原因が、自己肯定感の低さなど、根本的なご自身の課題にあることも少なくありません。

この場合は、原因の把握から、しっかりと行う必要があります。

ご自身で原因や対処方法がわからない場合は、カウンセリングをお試し下さいね。

 

 

よろしければ、カウンセラーのプロフィールもお読みください。
長年苦しんできた私が、どのように生きづらさを改善してきたか、

また、カウンセリングにかける想いなどもご紹介しています。


 

 

無料メール講座のご案内

生きづらさを改善するための、メール講座を行っています。
詳しくは、下記よりお読みください。


 

最短・最速の生きづらさ改善プログラム

アダルトチルドレン・対人緊張・うつなど 生きづらさを感じている方向けに、カウンセリングをご提供しています。

たった5~10回の心理カウンセリングで、 ほとんどの方が大きく改善し、 カウンセリングを終了します。

西武池袋線沿線で活動中。

オンラインカウンセリングにも対応していますので、 全国どこにお住まいでも、ご利用頂けます

詳しくは、下記よりご覧ください。