感情との上手な付き合い方「感情はお天気と一緒」

 

皆さん、日々、色々な感情が出ますよね?

私も、毎日、毎時間、毎分、感情がコロコロ変わっていきます。

今日も、朝は穏やかな気分で起きたのですが、

日中に失敗をしてしまい、不安が出てきたりしました。

 

これって、お天気みたいだと思いませんか?

昨日は、晴れて(穏やかな気持ち)いたのに、

今日は、雨がぐずついて(寂しい気持ち)になる。

 

さっきまで、雨が降りそうな天気(気持ちが晴れない)だったのに

明るく(楽しい気分に)なってきた

 

感情も、天気と同じように、いつも一定ではなく、揺れ動くものなのです。

 

今回は、感情と天気の共通点をご紹介しながら、上手な感情との付き合い方をご説明します。

 

 

お天気と一緒①「感情に一喜一憂しない」

上でも書きましたが、感情はお天気と同じように、

毎日、毎時間、コロコロと変化します。

 

清々しい晴天の日もあれば、嵐のような日もあります。

そんな、一貫性の無いお天気のことを、いちいち真剣に取り合っていては、毎日がしんどくなりますよね?

 

感情も同じです。

一貫性が無く、コロコロ変化する気持ちに、毎回毎回、真剣に向き合っていたら、疲れ果ててしまいます。

 

「あ~、今はポジティブな気持ちだなあ」

「ちょっと落ちているなぁ」

 

こんな風に、どんな気持ちの時も、軽やかに受け止め、
一喜一憂しないことが、非常に大切です。

 

今、落ち込んでいても、必ず感情は変化します。

また、明るい気分になるのです。

 

逆に、今、良い気持ちでいても、

そのうち、良い気持ちも消えていきます。

 

一喜一憂しないで、感情をあるがまま受け止めていると、普段から気持ちが軽くなり、悩みにくくなります。

 

 

お天気と一緒②「感情は思い通りにならない」

明日は出かけたいから、晴れて欲しい!

どんなに願っても、雨が降る時は勝手に降ります。

つまり、お天気は、人間の思い通りにならないのですね。

 

感情も一緒です。

感動したい!

と思っても、条件がそろわなければ、感動できません。

 

不安を感じたくない!

と思っても、自然と不安は生じてきます。

 

感情も、お天気と同様に、

自分の思い通りにはいかない

ものなのです。

 

カウンセリングにいらっしゃる方は、

  • 不安を感じたくない
  • 毎日を楽しみたい

などとおっしゃられます。

 

でも、思い通り、感情を生じさせることも、生じさせないようにすることも、できません。

だから、

  • 不安を感じたくない
  • 楽しみたい

と願えば願うほど、自分の思い通りにならない苦しみが出てきてしまいます。

 

お天気と一緒で、

感情は望もうと望むまいと、
生じるときは生じるし、生じない時は生じない

のです。

 

 

お天気と一緒③「現実を受け止め、活かす」

「晴れて欲しいなあ」と思っているのに、雨が降ってしまった時。

  • 何で雨が降るんだ!
  • どうにかして止んで欲しい!

このように現実を否定すると、苦しんでしまいます。

 

でも、

  • 雨が降るならしょうがない
  • 雨が降っても、楽しめることをしよう
  • 外出はやめて、撮りだめていたドラマを観よう
  • せっかく雨が降ったから、先日買ったレインコートを着てみよう

 

このように、現実を受け止め、さらに、

その現実を上手く活かせば、むしろ楽しみが増えていきます

 

感情も同じです。

例えば、不安が出てきたら、まずは、

 

「誰だって、不安を感じるよね~、よしよし」

と、不安な状態を否定せず、受け止めることが大切です。

 

「不安を感じてる、どうしよう!」

と、不安感を消そうとしないことです。

 

そして、

  • 不安を感じることで、将来の備えができるな
  • ミスを未然に防ぐ対応を、しっかり考えよう

 

などと、不安を活かして、人生を実りあるものにできるのです。

 

よく、カウンセリングで話題に出しますが、

世界中で、コロナ対策に力を入れていますよね。

これも、「不安・恐怖」という感情が元になっています

 

  • 感染したら嫌だ
  • 死んだらどうしよう

こういった不安や恐怖心が原動力となり、適切なコロナ対策に繋がっているのですね。

 

もし、不安や恐怖心が生じなかったら。

  • 感染したって良いや
  • 死んだって構わないでしょ

こんな風に考えて、何の対策も取らず、「人生滅亡」まで至ってしまうかもしれないのです。

 

つまり、多くの人が忌み嫌う、不安や恐怖も、より良い将来の為に、活かすことができるのです。

 

晴れなら晴れを活かし、

雨なら雨を活かして、

実りある生活を創造するように、

 

不安も恐怖も、寂しさも悲しさも、

感情の活かし方次第で、実りある人生に変えることができます。

 

ですから、

「生じてくる、生じてこない」に焦点を当て、

ビクビクしたり、一喜一憂するのではなく、

 

「感情が生じてきたら、受け止め、活かす。

 何が生じてもOK。」

という視点を持つと、生きづらさは改善していきます。

 

ぜひ、心がけて下さいね。

 

 

 

よろしければ、カウンセラーのプロフィールもお読みください。
長年苦しんできた私が、どのように生きづらさを改善してきたか、

また、カウンセリングにかける想いなどもご紹介しています。


 

 

無料メール講座のご案内

生きづらさを改善するための、メール講座を行っています。
詳しくは、下記よりお読みください。


 

最短・最速の生きづらさ改善プログラム

アダルトチルドレン・対人緊張・うつなど 生きづらさを感じている方向けに、カウンセリングをご提供しています。

たった5~10回の心理カウンセリングで、 ほとんどの方が大きく改善し、 カウンセリングを終了します。

西武池袋線沿線で活動中。

オンラインカウンセリングにも対応していますので、 全国どこにお住まいでも、ご利用頂けます

詳しくは、下記よりご覧ください。